脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

早寝早起き

会社から早く帰れるようになって、自分の時間が出来るようになった。

 

 

その時間を睡眠に当てている。

 

 

8時間くらい寝てる。

快調です!

 

 

何かやることあれば眠くならないけど、なくなった瞬間寝ちゃう。

 

最高!

 

 

実際は早く帰っても自分の時間をとるのはむずい。

子供が絡んでくるから。

 

遊んだり、うんこしたり、お風呂入れたりするし、一人で遊んでいても、パソコン出してきたりしたら、こっちに興味を持って、怪獣がごとく荒らしに来る。

 

だから世のお母さんも、専業主婦さんであっても、一日中家にいれたとしても、自分の自由時間なんて、子供の昼寝しているせいぜい一時間くらいなもんだ。

 

あと、テレビアニメを見せている時間。

 

それなりに大変なんだよ。

(自分に言ってる)

 

 

昨日、バナ逆という言葉を知った。

バナナは、逆から剥いたほうが剥きやすいらしい。猿は逆から剥く。

 

同じように逆にしたら、楽になったり、楽しかったり、簡単だったりすることが、あるらしい。

 

ひねくれ者の私には、凄く共感できる。

「バナナを逆からむいてみたら」という本があります。(読んでないけど)

 

 なんの宣伝!?