脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、サラリーマンを辞め(2019年4月予定)植木屋になります。リアルタイムヒストリー。

最低の回になる予感

「世間と上手くやるということ=自分を消すこと」

 

というメモが見つかりました。

 

怖い。

 

何が言いたかったんだろう。

 

怖いな。

 

 

 

 

 

こういうことですかね。

 

丸いサングラスが好きなんですけど。

 

というか。

 

おしゃれが好きなんですけど、

 

おしゃれじゃないけどね。

 

皆そうだと思うんですけど、

 

お気に入りの服とか、

 

買ったばかりの新しい服を着たら、

 

テンションあがるじゃないですか。

 

 

で、私が、おしゃれと思うものが、

変わったものなんですね。

 

田舎ものだからかなんなのか知りませんが、

 

目立つものがおしゃれと思い込んでしまって、

 

そのせいで、変わったもの、

変な物がおしゃれと思ってしまったようなんです。

 

で、そのせいで、丸いサングラスをかけるとテンションが上がってしまうんです。

 

ジョンレノンみたいな、タイマーズみたいな、神聖かまってちゃんみたいな、丸いサングラス。

 

そんなの普段からかけている人がいたら、

あれっ?て、なるじゃないですか。

 

自分が本当に楽しくなれる格好をすると、浮いてしまう。

 

あると思います。

 

自分が本当に好きなものにハマりすぎると、浮いてしまう。

 

浮かないようにしようとすると、

平均的になる。

 

飛び出たところを隠そうとすることは、

自分を消すことになるのかな。

 

 

 

みんなそれぞれだから、

そりゃ上には上がたくさんいると思うけど、

自分のコミュニティで一番なんてすぐになれると思う。

 

お笑いが好きってこととか、

結構ライバル多そうに思うけど、

実はそうでもないんじゃないかと思う。

 

結構、身近な中では、

すぐに1位になれる気がする。

 

バイク乗るとか。

 

コーヒーとか。

 

興味持っても、中々手を出さない人が多い気がする。

だからちょっとやれば、すぐに1位なれる。

 

 

 

 

 

 

実は、隠れオタクがいるかも知れないが、

そういう人はなかなか正体を明かさなそう。

そういう人こそ本物って感じする。

 

 

 

 

逆にすぐ出す人は、大したことないと言えるのかも。

 

 

 

 

なんの話や?

ああ、そうか。

「世間と上手くやるということ=自分を消すこと」

でしたね。

ああ、やっぱりそうやん。

 

 

 

 

 

ぶっ飛んだ自分を出すことは、世間とうまくいくことを放棄することかも知れないですね。

 

うまくやっていく必要なんてないんですけど。

 

これぽちも。

 

 

怖。

 

タイトルの最低の回になるという予感が外れたことを祈ってます。