脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、サラリーマンを辞め(2019年4月予定)植木屋になります。リアルタイムヒストリー。

人の気持ちを考える

このブログは誰かの役に立たないどころか、傷つけてしまうこともある。

 

でも、

こればっかりは、

どうしようもないというか、

本当にごめんなさい。

 

ここに書いていることは、

その時に思っている本当のことだし。

 

それだけは、こだわりたい。

 

書いたことは次の日には、忘れてるし。

三日後には真逆のことを言っているかも知れない。

 

それでも

書いてる瞬間は、

本当のことを書こうとしてるし、

やってるつもり。

 

そんなことは、置いといて。

 


f:id:ea51036:20181107203841j:image

昨日読んだ本の中のこの一言。

「もし今日が人生最後の日だったら、

今やろうとしていることを

やりたいと思うか?」

 

良いこと言うなと思いました。

かっこいいこと言うなと思いました。

 

でもよく考えると、

最後の日だったら、何にもしたくないな。

と思いました。

 

そして、何にもしないとことも出来るようになりたい。と思いました。

 

ついでにこんなことも考えました。

 

もし、

本当に今日が最後だったら、

子供と一緒にいたい。

そして、まだ三歳だけど、

なんか教えてあげたい。

今は無理があるから、

手紙を書くかも知れない。

 

美味しいご飯も食べたいけど、

居酒屋に飲みに行くよりも、

ホテルのディナーよりも、

家で食べたい。

 

自分が何かしてもらうより、

してあげたり、

与えたいと思いました。

 

自分になんか買っても、

もう死ぬしね。

子供に仮面ライダーグッズを買いたい。

 

そして、こんなことも思いました。

今度おばあちゃんの100歳の

プレゼントを用意してるんですけど、

写真と家系図をあげたいと思ってたんです。

 

でも、あげる側(私)が、あげたいと思っているだけで、貰う側のことを考えられていなかった気がする。

 

自分で考えて、良いなと思うプレゼントだけど、貰う側のことをあんまり考えれてなかった気がする。

 

結局考えたところで、おばあちゃんのことそんなに知らないし。

知ってたところで、相手の気持ちなんか分からないけど。

 

もしかしたら、

もしかしたら、

おばあちゃんも、

貰うよりも、

あげる方が、

嬉しいんじゃないかなって、

思いました。

 

なんか、そんな気がします。

 

なので、おばちゃんのところに、

行くってことを伝えて、

逆にプレゼントを用意してもらっちゃおうと

企んでいます。

 

 

ああ、賢い。

 

まさか、ジョブズの本読んで、こんな考えに辿り着くなんて。

 

自分の才能が

おもろ。