脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、サラリーマンを辞め(2019年4月予定)植木屋になります。リアルタイムヒストリー。

通勤電車の中で考える「幸せ」

ハッピーやろうな植木屋です。

 

 

モンゴルで働く日本人が、

モンゴルは選択肢が少ないから、

「幸せ」みたいなこと言ってて。

ん?ってなりました。

私の感覚では、

選択肢が多い方が「幸せ」なんじゃなかったっけ?って、なりました。

 

でも、よーく考えると、

もしかしたら、そうかも知れないな。

と思えました。

 

頭の中を文字にしてみます。

1000個の飴より、1個の方が味わえる

1000匹の子猫愛せない、1匹なら愛せる

10個の仕事より、1個の仕事の方が大事に出来る

毎日休みより、たまの休みの方が嬉しい

ブータン王国が、幸せの国と呼ばれているのも、選択肢が少ないからかもしれないぞ。

物が溢れていると、あれもこれも欲しくなるけど、何もなければ寝る家あるだけで、、、

 

あーなんか、説教臭くなってきた。

だるっ、だるっ、帰れ。

 

今日は、天満に飲みに行きます。

どの店がいいのか、分からない。

飲み歩きー。

 

 

幸せって何か分からないけど、

時間というものがキーになってくる気がする。。。

 

このテーマを掘り下げてみたいが、

私は、書いたら、書いた瞬間、忘れるので、

忘れる為に書いてるようなもんなので、

掘り下げることは、ないだろう。

 

うん、そうだ。

忘れる為に書いてる訳じゃないけど、

忘れていいように書いてるというか、

忘れたらもったいないから、

忘れたらもう思い出せない、

なくなっちゃうから、

書いてるっていうのも、

あるな。

ある。

 

いろいろあるやろうけど、

それもある。

 

いや、ない。

理由なんてない。

 

どっちでもいいわ。

 

あい。(あるとない)