脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、サラリーマンを辞め(2019年4月予定)植木屋になります。リアルタイムヒストリー。

大人になっちまった

クソどうでも良いハートウォーミングな記事になってしまうかも知れない。

 

 

 

このブログは、出来るだけ100%でお届けしている。

 

なんというか、同じ100%でも濃縮還元とかではなく。

 

なるべく採れたまんま。

 

素材のまんま、砂糖加えたりも、しない。

採れたものを出来るだけ、そのまま、食べやすいおおきさに丁寧に切ったり、しない。

皮も残ってたりする。

 

読んでくれる人にとっては、読みにくかったり、意味分からないこともあるかも知れないけど。

 

それは、読む人より、書く人の気持ちを重視させて頂いている。

 

(ツラツラと何を言っているのか分からない記事への言い訳)

 

そんな大人になりたくない系男子の私ですが、遂に、一歩大人の階段に近づいてしまったかも知れません。

 

 

今さら頭を鍛えるには、どうしたらいいか、

と、考えた時に、サウザーさんいわくだったと思うんですけど(Voicy)

日記になってくるんですよね。

よりよいのは、日記に明日の目標というか、設定して、で、その結果どうだったかというのを書くと。

 

この間やってみたんですよ。

植木屋さんで、今日は、これとこれを気をつけてやろう。

そして、こんなことを話そうとか、お願いしてみようとか、事前予習して、当日そのままのことをメモみながらこなしたと。

 

それが、すっごい上手くいったんですね。

 

これは使えると。

 

脳が、鍛えられるという、ことよりも、すごく、シンプルに動けるようになるっていう。良いことがあったんです。

メモ見て、そのやること、やるだけ何ですよ。

やるやらないは、考えないで、良くて、書いてるのはやらなかったら後悔する、内容ばかり書いてたので、

これ漏れたら、今日の晩後悔するって分かってるから、やるんすよ。

 

なんか、良かった。

 

明日の目標立てて、それ後から振り返るっていう、超シンプルなこと、この日本でどれだけの人が出来ているのか。

むちゃくちゃ少ないと思います。

 

で、で、で、今一人息子連れて、実家に二人で来てるんですけど。(奥さんは置いて)

 

この旅の目標は、人(親)に優しくすること

なんですよ。

 

私自分で言うのもクソダサいですけど。

ちょー優しいんですね。

 

すっごい人の助けになるの好きやし、

自分がやってあげるの凄い好きなんです。

 

でも、こんなんしてあげたい(親にマッサージしてあげたい)と思っても、ハズくて出来ないってことが、往々にして起きてたんですけど。

 

でも今回は、恥ずかしいとか、言ってられない「明日も優しくする。素直に照れずにやりたいことする」っていうのが、毎日目標なので、むちゃくちゃ皿洗ったりしてる。

 

 

 

親孝行??糞食らえ。

ただやりたいことしとるだけじゃい。照