脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、上場企業を辞め(2019年4月予定)植木屋になろうとする男の、リアルタイムヒストリー。

ブラジル対ベルギー

観た。

 

3時に起きた。

 

本当は今日、チラシ見て、お仕事くれた人のおうち行く予定だったんですけど、

 

なんか隣の家の人が勝手に別の業者に電話かけたみたいで、その業者が7/20にやるらしいです。

 

オーマイガットトゥゲザーやわ。

 

こんなん多いわ。

もー。

 

まー。

 

しゃーない。

 

チラシまき直しや。

 

なので、やけ観。

やけ酒ならぬ。

やけサカ。

 

ブラジル応援してたんですけど。

 

1-2で負けちゃいました。

ネイマールも結果出せず。

スカッとする内容ではなかったですけど、

 

せっかくなので学んだこと?

(無理矢理かも知れませんが)

 

一つ目。

大一番であり得ない悪いことが起きることがある。

 

ベルギーの一点目がブラジルのオウンゴールだったんですけど。

こんなミスやったことないんちゃうか。ミスと言えるものでもないんですけど。

コーナーキックをクリアしようとして、二人ブラジルの選手がかぶって、見えなかったのか二人目の選手の肩に当たってそのままナイスなゴール!

普段でも起こりえないような不運があのタイミングで起きてしまうと。

そんなことも全然あり得るのだということ。

学びました。

 

ラーメン屋で言えば、外から飛んできたカナブンがお客さんのどんぶりに入りそうで、防ごうとした時に、ウエイトレスさんがどんぶりを動かして、カナブンを避けようとしたために、くしゃってなって、お客さんにラーメン掛けちゃう。

お客さんヤクザ。

 

ってこと。

起こりうる。

 

うまし。
f:id:ea51036:20180707115020j:image

 

二つ目

うまい奴は、うまい。

 

ベルギーのアザールっていう選手

背番号10。

うまい。

 

あの試合に出てる選手は、例外なしに、この地球上あり得ないくらいサッカーうまい。

にもかかわらず、アザール飛び抜けてうまい。

どううまいかといえば、とられない。

ボールとられない。

本当とられない。

 

試合見てる限り、ブラジルの選手って相手ボールとるの凄いうまかったんですよ。

パスカットというよりは、相手がドリブルしてるときとか、パス受けてトラップした瞬間とかにひょいってとっちゃうんですよ。

簡単そうに。

それ凄いんですけど、アザールはとられない。

止められないから、ファールで倒すしかないって感じ。

うまい奴は、うまい。あれは、もう才能といっていいんじゃないか。

 

三つ目。

押している方が勝つとは限らない。

 

ベルギーの二点目はカウンターだった。

一瞬。

完全にブラジルがボール持ってる時間が長かった。

でも、徹底的に守って、なかなか崩せない。

何度も同じ様な形になっては、跳ね返され、すぐに取り返すけど、また攻めあぐねるという繰り返しだった。

そして、負けた。

 

守って、最後に、突く。

それでも勝てる。

(そっちの方が勝てる?) 

 

 

偉そうに。

はよ、植木屋なれや。