脱サラして植木屋になるまでの道のり

恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

現場作業で疲れた

タイトル通りです。

 

もう座ってるのもやっとというくらいへとへとになりました。

 

常時やってる仕事じゃないので、来た時には、現場応援という形でみんなで交代でやるんですけど。

 

30キロの袋をひたすらパレットに載せていく。数千トン分。

 

私がんばりすぎると頭痛になっちゃうんですけど、昨日もなっちゃいまして、事務所戻ってからデスクワークなんかできる状況ではなかったので、机の書類ざーと端に積み上げて帰りました。

 

なぜかむしょうに肉に食らいつきたくなって、コンビニでサラダチキン買って、飲むヨーグルト(苺)もかって、買い食いしました。

 

やっと電車乗って、電車内では寝てないけど、半分記憶ないですね。

 

帰って、飯食って、寝っ転がったら死ぬほど最高でした。気持ちよかった。

 

こういうのも、たまには気持ちいい。

頭痛がなければ、だけど。

 

真冬にこの仕事して、体がポカポカ温まって、真冬なのに、ロンティー一枚で全然余裕な状態の時も好きなんですよ。

 

こんな寒くて、コートとかみんな着てるのに、私は自分の熱でポカポカやねんー。っていうの好きなんですよ。

 

 

 

変態やん。