脱サラして植木屋になるまでの道のり

周囲の反対に心折られそうになりながらも、上場企業を辞め(2019年4月予定)植木屋になろうとする私の、リアルタイムヒストリー。

GW最終日

人知れず、軽トラ買った。GW。

 

平成9年の

 

エアコンなし

 

ミッション

 

へこみあり

 

22.5万円。

 

 

会社で自慢したら、高過ぎと言われた。

 

それは、どうかな。

 

乗ってみたら分かるだろう。

(自分でも良い買い物なのかどうなのか分からん)

(使い方次第だろう)

(のはず)

 

会社で一番話を分かってもらえそうな人に自慢したのに、反応いまいちやった。

 

そりゃそうだ。

 

こんなオンボロ軽トラで通勤する人いないと思う。

 

マジで。

 

頭がおかしいんじゃないか。

 

と言われれば、そうです。

 

としか言い様がない。

 

 

誰や思ってんねん。

 

私はめちゃくちゃ狂ってるぞ。

 

 

 

 

 

 

最後に、自己慢(自分で自慢)させてもらうと。

 

車って、結構、誰しもが、妥協して買うもんだと思う。

本当は、これが格好いいけど、高いとか、燃費がどうだとか、家族で乗るだとか、で、まぁまぁ、ここらへんかな。みたいな。

 

買い方だと思うんですよ。

 

だから、自分が一番欲しいと思うような車を買える人って、本当に選ばれた大金持ちか、すっげぇ責める人か、ほんまに限られた人だけになると思う。

 

私、その限られた一握りの人間になれました。

 

キラキラ。

 

マジで一番欲しい車を手に入れました。

 

ボロくて、

 

ミッションで、

 

色塗ったり出来て、

 

エアコンのない、

 

安い(自分的に安いと思った)

 

そんな車をこれが一番欲しい車と言える私は、その時点で、めちゃくちゃ、一握りやけど。

 

まぁ、それで、買ったし、もうほんまの一握りですぅ。

 

奥さんの反対はもちろんありましたけど、ついに説得出来ず、強行突破というか。

 

とりあえず、観にいくっていって、観て即決です。

 

 

 

だから、戻ると、自分の一番欲しい車を買うという、選ばれし一握りの男ですよ私は、という自慢です。

 

 

 

 

なんやねん