脱サラして植木屋になるまでの道のり

恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

新しい夢

無人島で30日間生活してみたい。

 

こんな夢を持ちました。

 

会社を辞めるということが現実味を帯びてきたから。というより。

 

ナスdの無人島生活(テレビ)を観たからです。

もう、衝撃。事故。

か、か、かっこいい。

ナスdになりたい。

 

そして無人島生活について調べていたら、こんなブログhttp://mujinto.jp/archives/327に出会って。

おれもやりたいとなりました。

あいなりました。

 

植木屋わい!

 

そして、そして、奥さんと将来について、話を久しぶりにし、お互い、キレたり、離婚の話になったり、すねかけたり、いじわる言ったりしたけど、少しだけ、進んだ。進んでない。一歩も踏み出せてない。

後ろ見たり前見たり上見たり下見たりな二人が、ちょっと向かい合えたかも。

これから時間をかけて、同じ方向を向いて、ゆっくりでも進めれば良いけど、バカで素直な高校球児(褒め言葉ですが、若干悪意あり)じゃああるまいし、そんなこと出来っこないので、あっち向いたりこっち向いたり、進んだり戻ったり、離れたりくっついたりしながら、死んで行けたらいいな。

 

 

 

仮想通貨もしたい。