脱サラして植木屋になるまでの道のり

恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

今会社出た(・o・)

ノーが溶けそうだぁー

 

きよしろーの良いことばかりはありゃしないー

 

を聞いてる。

 

この世の中には、自分の想像を超える出来事が起きることがある。

 

かわいいあの子が、おじさんと援助交際してることもあり得るし、ましてや真剣交際してることもあり得るし、世の中すげぇ。

 

 

 

引きこもりでも、家で、ゲームばかりしていても、それでお金稼げるようになれば、悪いことじゃないという。ならば、引きこもりで、お金を稼げない人はどうしようもなくて、悪いことなのか。

 

自力で生きていけるなら、良い。と言うことだろう、そして、この世の中を生きていくためにはお金が必要なので、お金を稼げるような引きこもりは、良いってことなのだろう。

 

 

どっちにしても、お金を稼がない人は、悪いってことには変わりない。

そのような世の中なのね。

 

私が大好きなモモっていう分厚くて重たい気持ちになる童話では、逆なのね。

 

お金はないけど、時間をたくさんもっている人が良い人のように書かれているのね。

 

私はそれになりたいと思う。

 

けど、この世の中には、そんなポジションなんてないのかも知れない。

 

和歌山のど田舎にはあるだろうか。

 

 

 

でも、ヒロユキ兄さんもホリエモンもきっと私よりたくさんの無駄な時間を持っていると思う。

 

 

ちっくしょうめ