脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

とにかくやる気にならない

土日祝が楽しかった。

 

植木屋いって、台風をやり過ごして、奥さんのおばあちゃんちの鉄板で焼きそばとお好み焼いて、木を切って、編み物教えてもらった、夜はすしをたらふく食った。

 

欲しいものはもうない。

 

今あるもので充分。

 

 

 

休みの最後の晩から元気なくなる。

 

行ってしまえば、なんてことなかったり、

 

 ヘコんだり楽しかったりするのですが、

 

 

いい加減にしろ。

 

 

腰抜けヘラヘラ野郎。

 

 

いんぽ野郎。

 

 

不勃起日本。

 

 

嘘つき。

 

 

口だけへたれ。

 

 

 

 

 

 

ストレス発散の為に自分に悪口言ってみた。

 

 

会社やめられない自分は、誰かにアドバイスしたり、夢を語ったりする資格がないと思っている。

 

だから本当に大好きな人たちに会えないでいる。

 

悲しい。