脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

読んでいるブログ

Everything you've ever Dreamed(ブログタイトル)

http://delete-all.hatenablog.com/

 

文句なしで面白い。

 

他にも、からあげ隊長の日記やら、嫁を動かすやら、まだ東京で消耗してるのやら読んでいるのですが、否応なしに面白いです。

 

もうね。

 

本も映画も音楽も死ぬほどあるじゃないですか。

死ぬまで読み続けても読み切れない名作達が腐るほどあるっていうのに。

 

もう私なんかが書く必要はないんです。

読む人の為に書く必要はまじない。

私なんかが。

恐れ多い。

 

役に立つ本とか、大事なことが書かれているエントリーっていうのは、誰かが作っているし、これからも作ってくれるでしょう。もう必要なものは世に溢れています。

 

なので、私は不必要なものを書かせて頂きます。

 

すっげえデカくて重量感のあるバズーカのような見た目で、ちょろっとしか水が出ない水鉄砲とか。

 

24時間マラソン途中でリタイヤしちゃうような芸人とか(24マラソン引っ張るなぁ)

 

 25分しか録音できないカセットテープとか(あるか)

 

もう、時間がないので、ここでやめときます。

 

そんなような不要なものを、文章をこれからも生産していきます。(何様よ)

 

上のブログの皆さんもそんな風土を感じる。通勤中それらをここ二日間読み漁ることが出来た私はとても贅沢である。

 

 

以上、ブログを二日間更新しなかった言い訳でした。

 

 

※ちょっと、あまりにも文章ぐちゃぐちゃだったので、編集しました。