脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

不倫について

別にいーじゃんて思います。

 

 

私は、奥さんが不倫しても、全然許します。

 

 

なぜなら、相手の男の人に負ける気がしないからです。

 

 

(どの口が言ってるんだいどの口が)

 

 

負けたとしても、それは仕方がないです。負ける気しないけど。

 

 

私自身も100%バレないならしてみたいです。

そういう行為は、すごい興奮すると思います。

でも、果てた瞬間冷めるだろうと思います。

 

 

早く帰りたい。

汗っかきな息子(家で寝てる子供)の頭の匂いかいで、「起きるから早く風呂入って寝て」と奥さんに言われたい。

と思うと思います。

 

 

なぜならその相手が奥さん以上の存在になることはないからです。

 

 

知り合って10年以上。

楽しく、時にけんかし、かっこ悪いところも見せ、コンプレックスを笑われ、こんな二人を選んで来てくれた息子ちゃんにも恵まれた二人なので、並大抵のいい女では、私の心まで手に入れることは出来ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (でも、お泊まりしても100%バレないなら、泊まりたい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、私のことはおいといて。

(こんなこと言いながら、五年後には若い女にコロリと騙されているかも知れませんので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮迫さん、面白すぎ~。

 

 

 


f:id:ea51036:20170817201633j:image

 この写真。

 

 

笑える。

 

 

 

この笑いは、どこから来るのでしょうか。

 

単純に人の不幸が面白いっていうのもあり。

 

でも、それだけじゃないなんか懐かしい感じ。

 

悪いことしてた友達が先生に見つかって、言い訳をしているのを見ているかのような。

 

先生が教室出て行ったら、いじってやろう。

勇者ってよんでやろー。

 

そんな笑い。?

 

関係ない私ですら、こんな感じなので、周りの芸人さんは嬉しくて仕方ないんじゃないでしょうか。

 

東野さんと後藤さんやんか、会った瞬間イエーイってハイタッチしてるんじゃないでしょうか。

 

天然素材メンバーで、飲み会が開かれてるんしゃないでしょうか。

 

あー勝手におもろい。

 

ホワイトじゃなくて、オフホワイトっていうのも凄い面白いです。

これ「不倫は文化だ」に続く不倫史に残る名台詞じゃないですか。

 

 

笑えるし、あとかっこよくもありますよね。

さすが宮迫さん!

やっぱり、普通の奴じゃないっすね!

よっ、最低の男!

 

って褒め称えたくなります。

何この感情。

訳分かんないですよね。

 

 

 まっちゃんとか、真面目そうだからしなさそう。

浜ちゃんはしてて欲しい。

大悟はしてそう。

 

素人が勝手なことばっか言ってます。

 

 

 

 

 

たぶん、宮迫先輩が不倫して怒ってるのって奥さんくらいなんじゃないですか?

 

 

子供ですら、逆にオヤジを見直すんじゃねーだろーか。

 

 

もし私が先輩の子供なら、

母ちゃんに怒られて落ち込んでいる親父の肩にトントンとたたき、振り向いた親父に向かって、母ちゃんに見られないように親指をグッと立てて、「やるじゃん」と言って、頭しばかれたい。

 

 

 

 

 

CMおろして、罰金とか馬鹿げてる。

そんなもん、パワハラじゃ。

ふざけんな。

 

 

まぁ、それも含めて面白いということにしてやるけど。

 

 

 

これ決めた犯人はだれだ?

社長でもないし。

もちろん社員でもないだろうし。

たぶん空気だ。

今の日本の空気だ。

 

たぶん僕たち私たちだ。

ショーもな。

 

 

 

 

 

宮迫さん、微力ながら応援してます。

私、何様やねん。