脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

替え歌「マイウェイ」

植木屋になるために必要なことはだいたい100個くらいあって

 

一つ目は、中古で良いよ、オートマじゃない、軽トラ。

 

二つ目は、大きめの、はしご大は小を兼ねる

 

三つ目は、剪定ばさみ、手ばさみ、刈り込みはさみ、熊手、電動草刈り機

 

 

髪の毛と肌は緑に(できる限りで)

染めて蒼くロック鳴らす

ダサすぎるぜ

 

やりたいことだけやっていこう

嫌なことはしない

 

 

逃げよリーマンお金を捨てて

家族からあきれられちゃいな

 

 

優しさも甘いキスも後から全部付いてくる

全部後回しにしちゃいな

勇気なんて要らないぜ

 

 

植木屋になるために必要なことなんて何一つない。

 

 

手を離してみようぜ、たぶん、なんとかなるぜ。

 

 

 

元歌「くるり ハイウェイ」