脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

何も考えない

夏が大好きなんですけど、

始まる前から、

夏の終わりを感じちゃうんですよ。

そして勝手にセンチメンタルになっている。

あーキモい。

 

今ブログ書くと、キモい文章になる。

 

夏だなー。

今日は風が涼しいなー。

 

ベランダで書いてます。

 

なんでおセンチなのか。

 

一、植木屋の名前を考えていて、ある人の許可を取らないといけなかって、手紙を書いたんですけど、返事がない。

 

一、自分の道を歩いてる人たちがまぶい。

 

マブイぜ。

 

 

 

 

よし、アレだな。

アレだぜぇ。

 

風が気持ちいーぜぇ、

 

 

 

 

 

 

 

 

やばい。

キモい。

 

 

 

突然ですが、

夏の終わりを感じる曲で、CD作りたい。

①海の音録音したやつ(50分)

②島人ぬ宝 ビギン

 

 

 

最強。