脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

子供と二人で里帰り

しようとたくらんでおります。

嫁、小反対?

私の実家、ちょっと不安。

 

私、のりのりです。

子供。2歳なんですけど、お母さんと離れて寝たことないし、冒険って感じ。最近はすぐ、「お母さん、だっこだっこぉ。」と嘘泣きするので、お母さんいないところで、鍛えてやるって思ってます。

 

前にも書きましたが、奥さん、準備めっちゃ完璧なので。下記ブログの通り

 

縄文人(おれ)と弥生人(奥さん) http://waruiuekiyasun.hatenadiary.com/entry/2017/07/08/063510

 

全然準備せずに超軽装備で行ってやろ。

そんで、思いつくまま、海行ったりしよう。

 

楽しみだ。

 

とは、言っても、まだ反対されているので、それを説得するとかではなく、正面突破で振り切るつもりです。

 

植木屋になることも反対されているので、それの前哨戦というか、一発かまして癖をつけるというか、練習というか。慣れさせるというか、とにかく自分の思いを通すことをやってみようと思ってます。

 

何で二人で行くんて聞かれて、そっちの方が楽しそうだから。と奥さんに素直に答えた大馬鹿者は私です。

 

 

 

 

あー楽しみ。