脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

高校野球の思い出 レッド吉田

昨日か、おとといか、ヤフートップニュースかなにかで読んだけど、レッド吉田さんは、高校球児だったらしい。

そして控えピッチャーとして、甲子園にも行ったらしい。

 

その記事

http://www.asahi.com/sp/koshien/articles/ASK6G0HVRK6FPLZB01P.html

 

その記事の中にもありますが、「やめたかったけど、やめる勇気がなかった。もう1回、高校野球やれって言われても絶対にやりたくない。後は慣れですかね。しんどかったですけどね。」

 

これ、何を隠そう私も高校球児だったんですけど、全く同感、凄く辞めたかった。

 

今と変わらないじゃねえか。

辞めるのが苦手です。

 

かっこ悪い。

 

 

 

でも、でも、でもでもでーも。

そんな球児達が、何のためか分からずとも、戦う姿っていうのは、感動ものだとおもう。

 

甲子園よりも、地方大会の準決勝、決勝っていうのは、もしかしたら、そっちの方が見る価値があるかも知れないですね。

 

植木屋さんになれたら、観に行こう。

なんて、贅沢。