脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

自分のこと

会社行く電車乗る時に思った。

目的とかはない。

どういう人間になりたいとか、

今ない。

というか、これまでもなかった。

なかったからこんなこと(サラリーマン)になってしまっているのですが。

 

それが正直にやってきた結果なんだろう。

 

強いていうなら、変な人になりたい。

それはなれていると思う。

変な人ってなんですか?

と聞かれると、

こう答えることにしよう。

「力の配分に損得がないこと」

 

これは、嵐の相葉君のパクりです。

 

 

それと、暇な人にもなりたい。

 

暇な人にもなる方法は、

・大金持ちになって、不労所得で生活する。

・お金がなくても生きていけるようになる。

・遊びを仕事にするか、生活の一部にするか、それらの境界をなくすか。

・ヒモになって、パートナーを癒す。

 

その為に植木屋になりたいのだ。

 

もう言っていることがめちゃくちゃだ。

最初は目的ない。どういう人間になりたいとか、ない。って言っていたのに。

もう変わった。

 

多重人格というか。

まあ、そういうもんでしょ。

その場その場で生きていきたい。

 

悪。