脱サラして植木屋になるまでの道のり

大久保陽介と申します。 恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

冒険二日目(最終日)

一日目の晩。

 

約束通り子供は起きたけど、

すぐ寝た。

もうお母さんいないってのももう分かってたし、

子供が泣いて、犬が来たので、

三匹で寝た。

至福の時間だった。

 

二日目は、父の車借りて、高校の友人とバーベキュー。

子供入れて17人の大所帯。

子供は5人いて、うちのは二番目に大きかったけど、1番泣いていた。

 

肉食べて、スイカ割して、種飛ばし対決して、人工芝の坂をそりで滑るやつして、大はしゃぎ。

 

友人達とその妻達もなかなか大はしゃぎしていた。もちろん私も。

 

帰りの車で子供は寝た。

家について起こすと、もう最悪の泣きまくりだった。

まだ寝たりないのもあったかも知れないが、お母さんだっこだっこ~と泣き叫び、泣き癖しゃっくり発動。

 

落ち着いても、しゃっくりしてると悲しくなり再び爆発して泣く。

 

お母さんは、夜の8:30くらいに空港に着くので、もう後数時間後なのだけど、泣くのが止まらない。

 

家の外にだっこで連れて行って、散歩する。

 

「お母さんのおうち行く」と言って泣く。

 

家に入ろうとしても「じーのおうち嫌」となってしまった。

 

とりあえず、「大丈夫、大丈夫、ゆっくり、ゆっくり」とあやす。

 

落ち着くタイミングを見計らって。

「泣き止んだら、ぶどう食べてお母さん迎えに行こう」と言う。

 

子供、何かしゃべろうとするけど、しゃっくりが邪魔してしゃべるつもりが泣いてしまう。

 

「大丈夫、大丈夫。」

 

を繰り返すうちに、やっと会話が出来るようになってきた。

 

「おうち入れる?」「まだ。ヒック」

 

 

 

「おうち入れる?」「まだ。ヒック」

 

 

そしてついに「うん。」「じーおうちでぶどう食べる」

 

えらいーーー!!!

 

そこからは一回も泣かずに、ぶどう食べて、汗をシャワーで流して、お母さんを迎えに行きました。

 

なぜか車運転してくれたジーが機嫌が悪く。

シャワーしてるときも、「時間気にしてるか」と吠えたり。

 

車の中でも、ムスッとしていましたが、なんとか空港までにそちらの機嫌も直りました。(子供がお母さん頼りなのが気にくわなかったみたい??)

 

そして、空港の出口でお母さん待って、見つけて、走っていって、だっこだっこしてもらって、冒険終了。

 

 

冒険に成功も失敗もないので、生きて終えられたので、良しです。

 

甘えん坊をなおすことは出来ず、ちょっとの間、前よりもお母さんべったりになりそうですが、そこはご愛嬌。

 

ぱっと見は、なにも変わりませんが、目に見えないところで、何かしらの自信はついたのではないかと勝手に思っています。

 

友達にかわいい子供自慢(見せられた)ので満足です。

 

おお、辞めたい

楽しかったお盆休みも終わり。

 

また本日から通常モードです。

 

完全に行きたくない。辞めたい。

 

 

お盆で帰省していたときに、ゆうくんという友達とあった。

 

ゆうくんは朝8時に起きて、朝ドラ観て準備して、自転車で10分弱の職場に9時に行くらしい。

 

私は6時くらいに起きて、7時の電車に乗って、8時半から始業なので、8時くらいに会社に着く。

 

完全にゆうくんの方が良い。

 

残業はほぼないらしい。

 

こっちはある。

 

貰えるお金は私の方が多くても、家賃も違うので使えるお金はトントンくらい。と思う。

 

ゆうくんは独身。

 

私は妻子持ち。

 

 

 

時代は、働き手に優しくなってきている。

私の会社も、6:30には勝手にパソコンの電源が落ちるようになった。

(延長手続き超簡単)

 

これからもっと良くなるだろう。

大手企業の従業員は。

 

それを捨てて、いばらの道へ、飛び出すことになる。

 

そうして、何を手に入れるのか。

何が手に入り何を失うのか。

 

今。通勤電車の中の眠たい頭では、

 

手に入れるもの→自分。時間。別の悩み。

失うもの→社会的信頼。約束されたお金。家族???

 

って感じ。

 

 

やってみなきゃ分からない。

逃げてもいい。

隠れてもいい。

 

やってみなきゃ分からない。

 

 

 

 

あー、眠い。

冒険一日目

二人で電車乗って

 

リムジンバス乗って

 

飛行機のって

 

じいちゃんの車乗って

 

実家に到着

 

たこ焼き食べて

 

プールで遊んで

 

買い物行って

 

晩飯作って

 

犬の散歩行って

 

寝かしつけて

 

今。

 

 

 

そんなことはどうでも良いけど、

何かが迫ってきている予兆がする。

 

横山剣について調べてたら、その日車乗ってポッとラジオ付けた瞬間クレイジーケンバンドがかかったり。

 

さっきも、高校時代の野球部の想い出DVDをなぜか13年ぶりに見せられたり。

 

その後に母が見出した朝ドラの予約してたやつに峯田和伸出てるし。

 

 

 

あー眠たい。

 

子供夜中に一回起きるらしいので、それに備えて寝ます。

 お休みー。

 

 

なにが起きる前兆なのだろうか。

気になるねー。

 

 

 

いよいよ冒険が始まる

冒険と行っても、子供(二歳)と二人で大阪から愛媛の実家に行くだけ。なんですけどね。

 

いろいろありましたが、ついに明日です。

 

いろいろ↓↓

 交渉成立!!

http://waruiuekiyasun.hatenadiary.com/entry/2017/07/17/164408

 

 

私の父と母が心配しているようです。

子供の心配と私の心配。

 

 

なんだかんだ言ってうちも過保護ぎみだったんですね、たぶん。

 

 

男旅ですよ。

 

自由ですよ。

 

その気になれば、二人で床屋に入って丸坊主にすることだって出来るんですよ。

 

ヒョー!あがるー↑↑

 

子供はお母さんなしでは寝たことないので、その練習したかったんですけど、結局出来ず、もう日中に疲れさせまくるしかないですね。

 

また、何とでもなるでしょう。

 

 

 

自慢したい。

 

こんなに面白い子供をみんなに自慢してやるー。

 

あと、しゃべって、いっぱい笑わせてもらおう。

 

超自由にさせてやろう。

 

犬とふれ合わせたり。

 

おじいちゃん、おばあちゃんにも自慢してやろう。

 

道後温泉にも入れてやろう。

 

泣くぞー。

 

ヤッホー。

 

夏休みスタートです。

 

ごいごいす~。

 

 

 

 

 

 

 

母なる海の話

私が持っている1番とっておきの話をします。(きゅう!)

 

 

生物は皆、海から生まれ、我々の祖先は海から陸に上がりました。

 

 

しかし、海を捨てた訳ではなく、今も海を体内に持ち歩いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

社会人一年目の現場研修(夏)で、私は初めてのその事に気が付きました。

 

 

30キロの大豆が入った袋(約700袋)をコンテナから出す。という作業をしたときです。

 

 

兄弟子の指導のもと、慣れない作業を炎天下でやるうちに、パンツはもとより、長ズボンのすね部分まで汗でビショビショになりました。

 

 

ある仲間は安全靴を脱いでひっくり返すと水が出てくるほどでした。

 

 

それは高校球児時代でも味わったことのないほどの渇きでした。

 

 

休憩になると、私は出勤前に百均ローソンで購入した、もはや磯の潮だまりほどにぬるくなったスポーツドリンクにおもむろに口をつけ、この後の水分補給のことなどみじんも気にせず、ゆっくりと、そして一気に、飲み干しました。

 

 ~~~

ゴクゴクゴクゴク・・・

今潤しているのは、のどの渇きではない、、、体の渇き、、、違うもっと深い、深いところ、あぁそうか、、、今潤しているのは、海だ。太古の昔に祖先が陸に上がるときに、体内に取り込んだ海だ。体内の海を満たしているんだ。

祖先が陸に持ち上がった海は、羊水となり、次の世代へ、また次の世代へと受け継がれた。

陸に上がった生物たちは海を捨てることは出来なかったのか。

海なしでは生きていくことが出来なかったのだな。

体内に海を持つことで初めて陸に上がれたのだ。

 

・・・ゴクゴクゴ

あぁ、もうない。

~~~

 

 

私が飲み物を飲んで、体内の海を満たしてるんだと感じたのは、後にも先にもこの時だけだ。

 

きっと肉体の疲労と暑さで意識が薄れ、潜在的な何かが覚醒していたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その夏、沖縄に行った私は、海の中で大の字に浮いて、おもむろにシュノーケルを外し、おもむろに口を開け、体中で海を感じた。(口の中まで海水イン)

 

 

 

 

 

 

 

今後も海に行くたびに、やることだろう。

(ゴーグルも外して目も開けたけど、痛くておぼれかけたので、ゴーグルはもう外さない。)

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、

キモすぎる。

良い子は真似しないように。

 

 

 

収穫!


f:id:ea51036:20170808070346j:image
f:id:ea51036:20170808070451j:image
f:id:ea51036:20170808070728j:image
黒光り!

贅沢な食べ方しました。

 

 

でもこれは買ってきたやつです!

1200円。

 

 

 

 

 

団地の片隅で出来たものは、、、

f:id:ea51036:20170808070614j:image

これ!


f:id:ea51036:20170808070635j:image

ミニトマトよりはデカいよ

f:id:ea51036:20170808070658j:image
ちゃんと赤いよ。

ぬるいよ。

甘いよ。

ブヨブヨしてるよ!

 

 

 

ギリギリ成功としましょう。

 

食べたし。

 

近所の子供にも見てもらえたし。

 

良かった良かった。

 

 

ちなみに最近の階段下。
f:id:ea51036:20170808071131j:image

左手前が枯れ、移動してもまた枯れた。

何でだ。

手前真ん中も小さくなってきている気がする。

 

暑いからか?

その他は比較的元気。

 

 

昨日の台風も乗り切った。

 

秋は何を植えようか。

 

 

 

やっぱり植物系の内容だと文章に毒がなくなるな。

 

ゲロ!

 

空振り三振!

昨日ライザップゴルフの記事を書いて見ました。

ライター気取りで。

その結果、めちゃくちゃたくさんの人に見て貰って、嬉しいやら恥ずかしいやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

となったらどうしようと思ったら。

いつも通り(以下でした。)

 

 

 

 

 

空振り三振!

 

見逃すよりましか。

 

ベンチに座っているよりましだ。

 

 

下のホリエモンの記事を読んでそう思いました。

 

バカは頭が良い人より成功しやすい

 https://www.newspostseven.com/archives/20170722_593503.html?PAGE=1#container

* * *
 うだつが上がらない会社勤めの人は、バカが突き抜け切れていない。それどころか、変なところで“小利口”だ。会社にしがみつくため、上司に媚を売り、面倒な社内政治には積極的に取り組む。

 そこそこ大きな会社に勤めている人は、傾向的にみんな頭が良い。一応は名の通った大学を卒業するぐらいの地頭でないと、正社員になるのは難しいので、当然と言えば当然かもしれない。

 しかし、バカであることがアドバンテージとなる場面は多々ある。私の知る限り、成功している自営業社長は、ある意味、バカばかりだ。

 けなしているわけではない。バカは平気でリスクを取り、失敗を怖れない。いい意味で鈍感。何度でもチャレンジを仕掛けられ、結果的に成功する。バカは最強なのだ。

 儲かっている経営者はほとんど、才能や知識で成功しているわけではない。三振を怖れず、自ら打席に立ちにいく。周り空気や意見なんか気にせず、とにかくバットを振りにいく図々しさが、高い打率を引き寄せている。

 これに対して、会社勤めのダメなヤツらは、会社というベンチに自分の意思で座り続け、打席に立たない臆病者だ。ベンチにいながら、チーム内で評価される方法はあるけれど、上司の機嫌をとったり同僚の足を引っ張ったり、そういう小手先の知恵しか働かない。人としての根本的な不安は解消しないのに。

 バカで困ることは、もちろんある。でも小利口に頭を使っていろんなものから逃げ回っている人の不安を打ち消すには、バカになるのが手っ取り早い。

* * *

 

バカになりたい。

三振を恐れず打席に立ちまくりたい。

周りの空気や意見なんか気にせず、とにかくバットを振りにいきたい。

 

なんて、勇気をくれるんだろう。

何回も何回も何回言っても踏み出さない私なんかに神様は何回も教えてくれる。

 

 

ありがたやー。

ありがたや。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックの神様ありがとうございます。