脱サラして植木屋になるまでの道のり

恥ずかしながら1986年4月15日生まれ。 恥ずかしながら3900グラムオーバーの大きめの赤ちゃんでした。 恥ずかしながら生まれる前後の記憶はありません。 恥ずかしながら母の実家の東京(神田?)で生まれました。 恥ずかしながら4人兄弟(男男女女)の1番上です。 植木屋さんとして独立したいごくごく普通のサラリーマンです。※このブログは主に通勤電車の中で書かれています。

変わる

変わるのは、良いこと。

 

変わり者、好きな言葉。

 

 

どうやったら、変われるのか。

 

誰しも、変わろう。

例えば、年明けに、

今年は、毎日日記を書こうとか。

 

まず、続かないじゃないですか。

 

 

ランニング始めよう。

 

すぐ終わるじゃないですか?

 

 

本田圭佑も言ってましたけど、一番の強敵はブラジルより自分。

自分の妥協しちゃう心。甘えちゃう心。

 

 

それじゃどうしたら変われるか。

考えてみました。

 

(というか、今から考えます。)

(自分も続かないからね。念の為)

 

①やらなきゃ死ぬ。

死ぬ気でやるくらいじゃダメです。

日記を毎日書かなきゃ殺される施設に入れば、書ける。書けるはず。

痩せなきゃ、殺されるとなれば、痩せられる。痩せられるはず。

 

 

 

②それだけの為に生きる。

朝起きて日記を書くことを第一に考えて生きる。働かない。もしくは、日記でそれでお金もらえる。それなら書ける。

美しくなることだけを考えて生きる。その為に、ボディのシェイプが必要であれば、シェイプする。

美しくなると、お金がもらえるとしたら、できるのでは。

 

③移動する

これが一番最初に思いついていた答え(誰かに聞いた答え)

場所を変える。

今までもやろうとしても続かなかったのであれば、また同じ結果になることは目に見えている。

ならば場所を変える。

周りの人を変える。(環境?)

 

周りがみんな日記を書く人ばかりだったら書く。

書くかな?

 

日記を書く部に入れば、そして毎日その集まりがあれば、そしてみんな一斉に書き出すのなら、書くでしょ。

 

 

 

 

 

それで、私がなにを変えたいかというと、、、うー。結構すべてを変えたい。

 

 

まずはお金を得る方法。

髪型。

食べ物買うんじゃなくて、作るか貰いたい。

手で巻くタバコに変えたい。

田舎に住みたい。

サーフィンしたい。

ドラムしたい。

格闘技したい。

旅したい。

新今宮で賃貸物件欲しい。

ライブしたい。

狩りしたい。

 

 

 

変わりたいことって、やりたいことだな。

 

 

 

今やってることで続けていきたいことは、家族くらいかな。

 

 

 

 

 

 

音楽はいいね

音楽好きー。

 

頭パターンってなる。

 

頭空っぽで、音楽聴くの楽しー。

 

最近はボイシー聴いてるけど。

 

音楽もいいね。

 

好きな音楽聴きながら、お酒を飲む。

 

考えるのもいいけど。

 

何も考えないこと。

 

も最高だぜ。

 

何も考えずに。

 

生きていこうぜ。

 

うぜぇー。

 

うんでも。

 

考えても、良いことないぜ。

 

考えるときは、考えるけど、それもとてもいいけど。

 

 

矛盾。

 

 

なんでも最高と思って

 

あー

 

英語くらいの語力で充分なのだ。

 

 

やばい

 

やばい。

 

 

変態。

 

よし、

 

これで終わり。

月に一度のフットサル

今日は毎月楽しみにしているフットサルの日です。

 

 

でも、今日は休みます。

 

 

風邪です。

 

 

軽度の。

 

 

昨晩関節痛と熱が出まして。

 

 

ダウンです。

 

 

昨晩は水一杯飲んでふとんにもぐりこみました。

 

 

汗かいて朝には、熱は下がりましたが

 

 

大事をとってフットサルはおやすみします。

 

 

定時で帰れたので、帰って、植木屋のチラシ作り(人生二度目)をする予定です。

 

 

 

前回は、消しゴム判子を作ってチラシを作りましたが、今回は、手書きでいきます。

 

 

 

副業始めました。

普段は大阪港で働くサラリーマンです。

料金・・・カンパ制出来上がりみて決めて下さい。

腕前・・・三年前から月に一度植木屋でバイトしてたくらいです。

連絡先→ラインのQRコード貼る。

 

こんな感じ。シンプルに。それと愛を込めて。

現場作業で疲れた

タイトル通りです。

 

もう座ってるのもやっとというくらいへとへとになりました。

 

常時やってる仕事じゃないので、来た時には、現場応援という形でみんなで交代でやるんですけど。

 

30キロの袋をひたすらパレットに載せていく。数千トン分。

 

私がんばりすぎると頭痛になっちゃうんですけど、昨日もなっちゃいまして、事務所戻ってからデスクワークなんかできる状況ではなかったので、机の書類ざーと端に積み上げて帰りました。

 

なぜかむしょうに肉に食らいつきたくなって、コンビニでサラダチキン買って、飲むヨーグルト(苺)もかって、買い食いしました。

 

やっと電車乗って、電車内では寝てないけど、半分記憶ないですね。

 

帰って、飯食って、寝っ転がったら死ぬほど最高でした。気持ちよかった。

 

こういうのも、たまには気持ちいい。

頭痛がなければ、だけど。

 

真冬にこの仕事して、体がポカポカ温まって、真冬なのに、ロンティー一枚で全然余裕な状態の時も好きなんですよ。

 

こんな寒くて、コートとかみんな着てるのに、私は自分の熱でポカポカやねんー。っていうの好きなんですよ。

 

 

 

変態やん。

筆算

ラジオのアプリ「Voicy」の中でサウザーさんが言ってたことなんですけど。

 

書くってのとは、思考を深めるために重要なんですよ。

 

サウザーさんは、計算を例にあげてました。頭だけで、暗算するのと、髪とペンを用意して、筆算するのでは、後者が、正確に、そして、より複雑な問題を解ける。おっしゃるとおりですね。

 

サウザーさんが言うには、思考も同じ。

 

その通りかも知れないですね。

 

私の趣味は妄想ってこともあって、寝ながら、考え事するの好きなんですよ。ベットに寝ながら、就寝前に。

 

だからかも知れないですね。私の思考がメルヘンチックなのは。浅はかなのは。。。

 

ブログの書き方も、なにかテーマを決めて書くのではなく、連想ゲームというか、書き出したときには、どこに着地するか、全く見えずに、親指任せですもんね。

だから、こんな、なんですね。

 

せめて、書くいた文章、見直してから、アップします。(たぶん)

 

 

そこで、人生初マインドマップをやってみましたよ。テーマは「成功」。

そんなに難しいことでは、ないような気がしてきました。

私にとっての成功。

もはや植木屋は、成功のほんの一要素でしかない。

 

でも、大事なピースです。

 

 

 

 

 

かっけーな。おい。

 

 

VOI

Voicy を聞いてる。

個人で配信してるラジオが聞けるアプリです。

面白いので、興味のある方は聞いてみて下さい。

 

通勤とかで聞くのに最高。

 

 

で、サウザーさんという人ののラジオ聞いてる。サウザーさんは、サラリーマンのことを勤め人と呼び、資本主義の世の中で、勤め人は搾取される側なので、早く自力で稼げるようにしたほうがよいよ。という内容のラジオなので、サラリーマン辞めるのを押してて、飲み会行くの無駄とか。そういうの聞いて、その通りだな。と思ってる。

 

で、田端さんのラジオっていうのもあって、この人は、サラリーマンなんです。サラリーマンといっても超一流ですけど。

それで、田端さんのラジオの中でサウザーさんへの反論を喋ってたんですね。

反論というか、ディベートというか、ラップバトル?のようなの。

 

そしたら、田端さんの言ってることもあるな。言われてみれば、すべてのサラリーマンが不幸で、不自由な訳がないと。言われると、あー、そうだなと。思う。

 

この二人のほぼ逆の意見ってわけじゃないけど、バトってる二人の両方の意見を正しいって思ってしまうということは、どういうことなんだ?

私、ウルトラ影響うけやすすぎる人間なのか?(それもあると思う)

 

なんで、両方ともこんなに説得力があって、影響を受けてしまうのか。

 

このままだと、ボイシーを聞いたり、本を読んだりする度に、思想が変わる可能性があり、非常にブラブラした人間になってしまう可能性がある。

(もうなってる)

 

考えて見ましたら、ふと仮説が浮かびました。

 

なんで二人ともに説得力があるのか。

それは

「二人とも自分最高って思ってるから」

 

・・・

補足しますね。

 

サウザーさんのラジオは、表向きは勤め人辞めて、ニートとして生きるにはどうしたらいいか。っていうテーマで、自分で稼ぐようになるというか、搾取されずに生きていく方法を毎日教えてくれてます。

 

サウザーさんは、自分では言わないけど、自分最高っていうか、なんかしらそういうの思ってると思うんですよ。

 

自分の思ったことを行動してみて、夢を実現していく人ですから。私のブログは語弊ありまくりだから、もはやいう必要もないけど、語弊のある言い方で言うと、成功してますから。サウザーさん。

 

サウザーさん、自分で考えて、やってみて、繰り返して、成功してますから。そんでその方法や考え方を発信しているのですから、自分に満足してるというか、うまくいってるとは思うてると思うんですよね。

 

田端さんもです。この人はたぶん自分で言ってると思う。自分最高って。同じ理由で。

 

田端さん転職5回くらいしてると言ってた。そして、そのどこも良い会社で、自分を作ってくれた。感謝してる。とおっしゃってました。(書くと嘘くさいな)

 

どちらも道は違えど、どちらも自分の正しいと思った道を歩み、成功している。だから、自分いけてるって思うし、自分がそのやり方で実際に成功してるんだから、その人の言葉には説得力があって当然です。

そりゃそうだ。

 

自分が実際に成功した、成功しているやり方や考え方を話すんですからそれは、説得力がありますよね。しかも、自分のやり方でやって、成功して、自分すげえと思ってるんですよ。良い言葉が、ありました。自信。自信があるんです。

 

成功してて自信ある人の言葉なので、それは説得力あります。そうだと思います。

 

そんな二人の意見なので、反対の意見でもどっちもそうだなと思えるんだな。

 

ていうことは、あれですよ。

こんな分かりきったことに辿り着くまで、すっげえ文字数かかっちゃってるんですけど、人によって何が成功かっていうのは違うんですよ。

 

サウザーさんみたいに、独立して生活出来て、成功って人もいれば、独立して、生活苦しくて、サラリーマンに戻りたい人もいる。

独立すれば成功ってことではないんです。

 

例えば、ターボーという人と会ったことがある。ターボーは、沖縄の最北端に住んでいるヒッピーのような人。背は小さいが髪の毛は長く、かかとくらいまである。もちろん、ドレッドである。

 

ターボーの成功はまた全然違うだろうし、何だろう。今日は良い夕日が見れたこととかになるのかな。

 

ターボーに、サウザーさんとか、田端さんみたいに今からなれるといっても、絶対ならないだろうし、それぞれ目指すゴールというか

成功って違うんだなとそんな分かりきった結論になっちゃいました。

 

 

まるで「幸せ」みたいですね。

(幸せってあんまり好きじゃない。幸せじゃなくてもいいんだぜ。幸せになる義務はない。偉そうな、こと言いますね~。)

 

成功って人それぞれだったんですね。

うん、そうですね。

 

それともう一つ、それって、実は、変わると思うんですよ。

それこそ、本読んだりとか、年とったりとかする内に変わるんですよ。

夢が変わったりするように。

 

だから、どうしたらいいって私がいうことでもないんですけど、私が思ったのは、こういうことです。

今、私が、あなたが、やりたいことをやる。

それしかないんだな。

 

 

いやー。結局こんな。の。

 

 

 

 

 

 

GW最終日

人知れず、軽トラ買った。GW。

 

平成9年の

 

エアコンなし

 

ミッション

 

へこみあり

 

22.5万円。

 

 

会社で自慢したら、高過ぎと言われた。

 

それは、どうかな。

 

乗ってみたら分かるだろう。

(自分でも良い買い物なのかどうなのか分からん)

(使い方次第だろう)

(のはず)

 

会社で一番話を分かってもらえそうな人に自慢したのに、反応いまいちやった。

 

そりゃそうだ。

 

こんなオンボロ軽トラで通勤する人いないと思う。

 

マジで。

 

頭がおかしいんじゃないか。

 

と言われれば、そうです。

 

としか言い様がない。

 

 

誰や思ってんねん。

 

私はめちゃくちゃ狂ってるぞ。

 

 

 

 

 

 

最後に、自己慢(自分で自慢)させてもらうと。

 

車って、結構、誰しもが、妥協して買うもんだと思う。

本当は、これが格好いいけど、高いとか、燃費がどうだとか、家族で乗るだとか、で、まぁまぁ、ここらへんかな。みたいな。

 

買い方だと思うんですよ。

 

だから、自分が一番欲しいと思うような車を買える人って、本当に選ばれた大金持ちか、すっげぇ責める人か、ほんまに限られた人だけになると思う。

 

私、その限られた一握りの人間になれました。

 

キラキラ。

 

マジで一番欲しい車を手に入れました。

 

ボロくて、

 

ミッションで、

 

色塗ったり出来て、

 

エアコンのない、

 

安い(自分的に安いと思った)

 

そんな車をこれが一番欲しい車と言える私は、その時点で、めちゃくちゃ、一握りやけど。

 

まぁ、それで、買ったし、もうほんまの一握りですぅ。

 

奥さんの反対はもちろんありましたけど、ついに説得出来ず、強行突破というか。

 

とりあえず、観にいくっていって、観て即決です。

 

 

 

だから、戻ると、自分の一番欲しい車を買うという、選ばれし一握りの男ですよ私は、という自慢です。

 

 

 

 

なんやねん